明日200万円稼ぐには〇〇と〇〇という方法がある

スポンサーリンク

明日200万円稼ぐには〇〇と〇〇という方法がある

明日どうしても200万稼ぎたいという人がいたとします。明日200万円稼ぐと言う事は、今日までにその仕組みを作っておかなければいけないと言うことですよね。実際明日2,000,000円を稼ぐと言う事は、1日でそれだけのお金を作らなければいけないと言うことになります。

それだけ聞くと「本当にそんなことできるのか」と、普通思いますよね。でも実際に200万円を1日で稼ぐことができる人もいるようですよ。ですから絶対に無理とか、不可能と言うわけではないと思います。

しかし1日で2,000,000円を稼ぐと言うのは、並大抵の努力ではできないことでしょう。さらに、それなりのリスクが必要になってくると思います。

1日に2,000,000円を売り上げている人は、どのような仕事、どのような活動をしているのでしょうか?いくつか方法がありますが1つはFXと言う方法です。

レバレッジをかけられるので200万稼ぐのも可能

FXは、投資の1つですね。FXは、実際のあなたが持っているお金に、レバレッジをかけて、大きくかけることができます。ですからうまくいって、運もよければ、大金がその日のうちに作るられるわけです。

もしこれが、株とかであれば、元手が大金揃っていないと、大きなリターンを得られるような書き方はできませんよね。

しかしFXであれば、元手が少なくても、レバレッジをかけて、もともと持っているお金の何倍のお金も、かけることができるということです。

レバレッジとは、てこの原理のような形で、今の持っているものを何倍にも設定することができる一方、失敗してしまうと、その分は借金になってしまいます。自分が持っているお金の範囲ではなく、それ以上のお金をかけて、うまくいけばハイリターン、失敗すればその分だけ借金まさに、ハイリターンハイリスクの金融取引です。

知人には、FXで実際に1日数百万位稼いでる人は結構いますよ。こういう人は、もともと資産が多く、その資産を大きく賭けることによって、どんどん資産を増やしているのです。

あるいは、元手が少なくても、かなり勉強して、FXのコツがわかっている人。こういう人は、うまく運用することによって、短期間に、大きなお金を得ることができています。いずれにせよ、元手及び知識やノウハウがあれば、大きく稼ぐことができる方法といえます。

また、1日200万円を稼いだ人の話に、面白いものがあります。それは、その人が持っているノウハウを、PDFなどにまとめてネットで販売すると言う方法です。

元手もいらない「〇〇を売る」という方法

その人は、自分のビジネスの方法を、200ページ位のPDFにまとめて、自分が運営しているウェブサイトで販売したところ、250人くらいの人に売れました。販売価格は約20,000円でしたから、1日で約500万円位を売り上げたことになります。

もちろんその情報を仕入れたり、まとめたりするためには、1ヵ月位の時間をかかっていると思います。

さらにそのノウハウを得るためには、長い経験が必要なわけですから、1週間2週間でできたものでは無いとは思います。しかし、PDFにまとめるだけといったただのデータであるのに、250人の人に売れれば、短期間に数百万円の利益になるわけです。

ですから、この人のように、人に教えてあげられる知識、ノウハウを持っている人は、ぜひそういったノウハウをしっかり書き留めて、販売できるように検討してみたらいかがでしょうか。

「こんな情報、誰も知りたくないだろう」「自分には売れるような知識やノウハウなんかない」と思うかもしれませんが、意外とあなたが持っている情報を知りたい人はたくさんいるものです。

特に、お金に関することや、異性に関すること、悩みを解決するような知識やノウハウがある人はオススメです。

もしあなたがお金に関係する知識があって、誰かに教えてあげることによってその人が得したり、もっと稼げるようになったり説明できたりするのであれば、そういった情報は、誰かの役に立つわけです。

いつもは飲み屋でタダで教えてしっている情報があるなら、数千円から数万円位の値段をつけてください。要するに、実用本と同じです。

しかし、本を出そうと思えば、大変ですよね。出版と言うのはハードルが高いものです。一方、自分で自分の知識を文章にまとめて自分のウェブサイトで売るのであれば、それほどハードルが高いものではありません。

その情報を買ってくれる人はどういうのように集まるかとか、そういった集客に関連する努力は多少必要です。日頃ブログなどにご自身のことを書いておくとかメルマガを発行してあなたのファンを増やすなどして、いざ情報販売しようとしたときに買ってくれる人を日ごろから集めておくと、より良いと思います。

そうすれば、1つの情報をまとめたものを1万円で販売することにして、200人の人に売れたら、1日で200万円の収入が発生することになります。

日本人は情報という「実体のないもの」を売買するのに慣れていないため、躊躇する人が多いです。しかしアメリカでは情報やノウハウは有料であるのが当たり前、知りたいことがあるならお金を出して買う、というのが当然のこととして定着しています。

日本でもそういった情報にお金を付けてやり取りし、大きく稼いでいる人がたくさんいます。

実体のないものを売ることに罪悪感を持つ必要なんてありませんから、もし知識やノウハウがある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする