5千万貯めたい。1日100万~200万稼ぎたい。

スポンサーリンク

5千万貯めたい。1日100万~200万稼ぎたい。

どうしてもお金を稼がないといけません。できれば明日100万位欲しいです。今現在キャバクラで働いているんですけど、本当はこれ以上体を使いたくないです。なので別の稼ぎ方を考えているのですが、なかなか見つかりません。

彼氏もいるし、彼氏に悪いので体を売ってお金を作るのはできないです。昼と夜、キャバクラの仕事を増やそうかなと思ってるんですけど彼氏と一緒に暮らしているので、彼の夕ご飯を作ったり、家事が結構忙しいです。

それに、日曜日は2人で一緒にいたいんです。なので、割のいい仕事は今のところ見つかっていません。

株とfxとかも考えていますが、少しリスクがきついなと言うのと、私は小心者なので勇気が出ません。

できれば明日までに100万円欲しいですし、さらに言えば、全部で5千万円位貯めたいとも思っています。

とは言えこのお金は全部私のために使うわけじゃないんです。それだけ稼ぎたい理由ですが……

父がガンなんですけど、治療にお金がかかるため。健康保険ではできない高度医療を受けさせてあげたいです。

父と母が働けないため、実家に収入が0円なので私は稼いで実家への生活費を援助してあげたいからです。

歳の離れた妹がいて、高校生ですその高校の授業料を払うためまた妹を大学に入れてあげたいです。

結婚式の費用を貯めるため。彼氏は今お金がなく、サラリーマンではありますが手取り18万くらい。このままだと結婚式があげられないです。でも彼氏は盛大な結婚式をあげたいと言っているので、そのお金は私が工面するしかありません。

将来彼氏は、事業を起こしたいと言っています。その事業には結構最初に初期投資がいるのですが、今そのお金を貯められるような状態ではないです。なので将来彼が会社を作るときに、できれば2千万円位、初期投資の費用として作ってあげたいんです。

あと、私は英語を勉強したくて、留学したいと思っています。できれば結婚する前に行きたいんです。私はオーストラリアかアメリカ、カナダあたりです。その費用として大体500万ぐらいはいるのではないかと思っています。

将来彼氏と結婚して子供が欲しいです。子供ができたら、教育費とか、たくさんいりますよね……。でも子供ができたら、子どものことだけに専念したいので働きたくないんです。なので子供ができる前にお金を作っておきたいです。

そんなこんなでいろんな使い道があるのですけど、私1人でどう貯めようか今とても悩んでいます。宝くじでも当たってくれないかなって毎年毎年宝くじを買っていますけど、全然当たりません。

やっぱり宝くじはとても当たる確率が低いみたいなので、もう少し確実な方法で稼ぎたいと思っています。

できれば30歳になる前に、5千万円位稼ぎたいです。現在20代前半です。

私自身に精神的な病気がありますなのであまり厳しい労働ができないです。でも家族が病気がちなので、自分が働かなく限り、生活をしていくことができないんです。

彼氏もあまり頼りにならず……彼氏もサラリーマンですが低所得です。本当は事業を起こしたい人なので、なかなか雇われ人として1つの会社にいられない人です。大体2ヶ月から3ヶ月位で会社を辞めてしまうので、収入は一向に上がらないです。なので私が働いて支えてあげないといけません。

5千万貯め1日100万~200万稼ぎたい への回答

家族や、彼氏のためにほんとによく頑張ってると思いますが、あまりにもすべて自分で背負おうとしすぎていませんか?

家族の病気の治療については、もう一度健康保険の仕組みを見直したり、市役所の窓口の人に聞いてみるのはいかがでしょうか。

今のところ、まずは、あれこれ欲張って全部叶えようとせずに、身近なところだけ必要な分だけ稼ぐほうに集中する方が良いのではないですか。

お父さんの治療費と、あなた方の生活費をまず貯めるような感じです。また、妹さんについては、妹さんご自身が考えられることであって、あなたが背負うことでもないと思います。

それに彼氏の事業も彼氏自身で資金を貯めて自分の責任で会社を起こさないと、結局失敗してしまいますよ。なので彼氏の為とか妹のためと言う形であなたがお金を貯めるのはおかしいです。

あなたが一生懸命働いてお金を作るのであれば、まずは優先的に自分自身のことに使われたらどうでしょうか。その場合あなた自身の事と言うと、彼氏と結婚して、あなた自身の子供産むこと、そしてその子供を育てるための費用です。

そのぐらいならば、300万ぐらいあれば充分だと思いますよ。1日2,000,000稼がなきゃいけないとか、全部で5000万円必要とか、20代の若い女性が考えることがないと思います。とても優しい人だと言うのはわかりますけど、無理しすぎているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする